楽天モバイル ネットワーク暗証番号の確認方法、忘れても大丈夫!

 
楽天モバイルのネットワーク暗証番号が分からなくなりました。でも、あっという間に見つかりました。思っていた番号と違いました。契約の時に自分で設定した番号だということですが、まったくもって身に覚えがありませんでした。 
 
でも、電話で本人確認をしたり、郵送物を受け取ったりしなくても、ネットワーク暗証番号は知ることができます。そのやり方をここではお伝えします。
 
 

簡単!楽天モバイル ネットワーク暗証番号の確認方法

 
楽天モバイルのネットワーク暗証番号の確認方法は簡単です。

まず、楽天モバイルメンバーズステーションにログインします。
 
 
メンバーズステーションのログインページ
 
僕は楽天IDでログインしました。楽天にはよくログインしているので、ログインIDやパスワードを忘れることはありません。普通に楽天にログインする感じで、ログインしちゃいましょう。 
 
楽天モバイルのネットワーク暗証番号は楽天にログインするための情報(ログインIDとパスワード)が分かれば調べることができます。 
 
ログインすると、メンバーズステーションのページに移ります。
 
そのページの下の方に、会員メニューがあって、そこに「登録情報・設定変更」って言うのがあります。その下に、「ご契約者様情報」があるので、そこをタップ・クリックします。 
 
そうすると、「ご契約者様情報」のページになります。 
 
契約者コードやユーザIDなどが書いてあるところに「ネットワーク暗証番号」という欄があるので、そこに書いてあります。
 
こんなに普通に書いてあるとは思いませんでした。暗証番号というくらいなので、電話をして確認をしたり、ハガキを出して、文書で教えてくれるのかと思いました。確か、何のサービスか忘れましたが、そういったことをやったことがあります。 
 
 
このネットワーク暗証番号は、契約する時に自分で決めたみたいだけど、まったくもって何の覚えもありません。とりあえず、早く契約して、楽天モバイルを使いたい!格安SIMにしたい!そんなことしか考えていなくて、ネットワーク暗証番号のことなんて、どうでもよかったな~。
 
ちょっと重要そうだったので、ひねって考えた数字にしていて、まったくもって見覚えのないものを設定していました。でも、簡単に見つけることができたので、それはよかったです。



ネットワーク暗証番号を使って迷惑電話を着品拒否したかった

 
僕が、ネットワーク暗証番号を知りたいと思ったのは、必要になったからです。なんでか知らないけど、営業の電話がかかってきていて、一度断ったのに、またかかってくるから、これをどうにかしたくて、楽天でんわで着信拒否をしようとしてました。 
 
でも、ネットワーク暗証番号がないと、その機能は使えません。こんなところで必要になるなんて思いませんでした。これって、知り合いが勝手に自分のスマホをいじって、迷惑電話に必要な番号まで登録しまくると困るから、こうしてるのかな~。 
 
  
もしかしたら、そうかもな~。例えば、嫉妬に狂った人が、相手の携帯電話でそれらしき女性の電話番号を着信拒否しまくる。そうしたら、相手の女性はいきなり着信拒否されているから、何かと思ってしまう。嫌われたかと思って、電話しなくなるかもしれない。 
 
って、LINE時代の今、それはないかもしれませんが、勝手に着信拒否をされてしまったら、困りますね。ネットワーク暗証番号は、契約した本人しか知らないはずのものなので、それを知らないと着信拒否ができなくしたのかもしれません。 
 
でも、それ以外にはあまり使い道はないという「ネットワーク暗証番号」僕は楽天モバイルを使い出してから1年くらい経ちますが、初めて必要性を感じました。最初は、銀行の暗証番号くらいに必要なものかと思いましたが、これ知らなくても楽天モバイルの場合は困らないかもしれません。知っておいた方がいいですけどね。 
 
 

楽天モバイルで覚えておくべきは、楽天にログインするためのIDとパスワード

 
「ネットワーク暗証番号」を知らなくても、楽天の会員ページへのログイン情報を知っているのなら大丈夫です。楽天モバイルは楽天と連動しているので、やっぱりそこは便利です。 
 
ずっと前から楽天市場は使っていたので、ログインIDとパスワードを忘れる可能性もかなり低いです。それさえ分かっていれば、楽天モバイルを使っている時も困りませんね。


ドコモの場合はネットワーク暗証番号は大事!

ネットワーク暗証番号についてあれこれと調べていたら、ドコモのホームページに着きました。ネットワーク暗証番号の入力が求められる場合というところがあった。
 
ネットワーク暗証番号の入力が求められる場合
 
このページによると、ネットワーク暗証番号がないと、かなりたくさんのことができないということが分かります。契約する時に決めた4桁の番号なんて、すぐに忘れてしまうものだと思います。でも、セキュリティを大事にするためには、こういったことも必要なんだと思います。
 
 
そう考えると楽天モバイルのセキュリティっていったいどうなんでしょうかね?楽天IDとパスワードがあれば、他はいらない。ってことは、それがバレたら全部やばいてことかな~。でも、今のところ、何もトラブルは起きてないので、楽天モバイルも大丈夫だと思います。 
 
 
セキュリティとかそういったことよりも、スマホを落としたりなくさないってことの方が重要だと思います。スマホを他の誰かが触らなければ大丈夫! 
 
 

最後に。

楽天モバイルのネットワーク暗証番号が分からないので、面倒な手続きでも必要かと思いましたが、あっさりと知ることができました。こんなにあっさり分かっていいのかと不安になるくらいでした。 
 
でも、考えてみたら、ほとんど使う場面がないんですよね。だから、分かりやすくてもいいのかもしれない。そんなことより、ネットワーク暗証番号と、銀行口座の暗証番号が一緒だったりする方が問題になりそうです。 
 
 
スマホを盗まれてネットワーク暗証番号がばれてしまったら、銀行の口座にも簡単にログインできちゃうかもしれません。僕にはどうやってそんなことをしたらいいのかは分かりませんが、なるべくなら変えた方がいいです。 
 
今って、ほんとういろんなところにログインします。それを全部変えるというのは、ものすごく面倒なことです。でも、セキュリティを強化するためには、そういったことが必要なんでしょうね。 
 
 
パスワードを管理するのは自分ではなくてツールに任せる。そうすれば、ひとつのパスワードを使い回さなくても大丈夫になります。便利なパスワード管理アプリがあるそうです。 
 
 
使い回しは絶対ダメ! 強固なセキュリティ対策に「パスワード管理ツール」を
 
今はこのアプリがあるのか分かりませんが、ないとしても他のものがあるでしょうね。自分で管理しないとしても、アプリが管理してくれる。ほんとう便利な時代です。 
 
 
あと、実はパスワードって定期的に変更をしなくてもいいってことも、今さっき知りました。パスワードって、変更した方がいいってよく言われますが、そうでもないみたい。
 
 
総務省、「パスワードの定期的な変更は不要」と方針変更 

 
総務省が言っているとなると、説得力があるな~。 
 
いつどこで危険な目に会うかは分かりません。自分の身を自分で守るためにセキュリティをしっかりすることはとても大事なことです。そういえば、昔使えた簡単なパスワードはサイトによっては使えませんもんね。絶対に大文字を入れないといけないとか、数字とローマ字を組み合わせないといけないとか、パスワード作りにもいろいろと制限があります。 
 
いろいろと面倒ですが、無理のない範囲で、ちょっとずつパスワードは強化していった方がいいですね。