Huawei P10 liteのケース Spigenを使った感想、透明シンプルで持ちやすい・保護力もある

 
ケースをつけても、
Huawei P10 lite本体のサファイアブルーが美しい! 
 

 
 
Huawei P10 liteの透明ケースをAmazonで買いました。
【Spigen】 Huawei P10 lite ケース・TPU超薄型・軽量
 
 
使ってみて、とにかく持ちやすいです、
持った時の感じがグッと手にフィットする。
 
だから、滑り落ちにくいし、持ちながら歩きやすい。 
  

 
 
 
これなら手から滑り落ちるなんてことはない。 
バッグから取り出す時も、取り出しやすくなりました。

 
 


 
 
Spigenのケースを買う前は、今まで本体を買った時についてきた、 
プラスチック(?)みたいなケースを使っていました。
  
 
 
このケースではなくて、新しいケースをすぐに買って
使えばよかったとは思ってます。 
 
見た目あまり変わらないけど、実際に使ってみると
全く違う。というか別物。
 
 
前のケースは、こんなに持ちやすくなかったです。
固くて持ちにくかった。 
 
薄いので、机とかに置くのも抵抗があったくらいです。
ケースが弱いと傷つきやすそう。 
   
 
今回買ったSpigenのケースは、こんな風に曲がる素材。 
 
 
  
 
しっかり守ってくれるから、テーブルの上にも置けます。
 

 
スマホを裏返しにして置ける。
 
表にしておくと、自分のスマホに何が起こっているかばれる(笑)
テーブルの上に置いて、トイレにも行けます(笑) 
 
 
ケースが少しだけだけど、上の部分がちょっと出っ張っています。
 

写真だと伝わりにくいですが、こんな感じです。
 
落とした時にもここがストッパーになって、画面に衝撃が減りそうな感じ。 
 
落としても割れないケースとして、 
ここがもっと出っ張ってる部分もあるかもしれないけど、 
これくらいだと、保護もされて、
デザインもいい感じなくらいの出っ張り具合だと思います。
 
 
透明なので、本体の青さが際立つのがいい!
 
 
  
 
 
 
僕と同じ機種、Huawei P10 liteのサファイアブルーを使っている人は、
透明なケースがいいですね。
 
この青さを封じてしまうのはもったいないです。
透明なケースにして、光らせましょう。 
 

Huawei P10 liteと透明なケースがあれば、
シンプルさの中にもかっこよさがあるスマホになります。 
 
 
あと、ケースを撮影している時に気づいたのですが、
側面、ロゴなどが書いてあります。
 
こんな感じですね。
  

  
デジカメのマクロ機能が弱いので、
うまく写せませんが、こんな感じです。
  

 
ケースの右側側面には、Made in Koreaと書いてある。 
 
左側側面には、Spigenと書いてある。
ま~こちらはまだいいかな~ 
 
上には、AIR CUSHION TECHNOLOGYって書いてある。
これは書かなければいけないのだろうか? 
 
 
もしかしたら、表示義務があるのかもしれないけど、
なかったらいいのにな~とは思います。 
 
ただ、何も言われなければ、 
気づかないくらいのものではあるとも思います。 

僕も、この文字がない方がいいとは思います。
でも、言われなければ気づかなかったかもしれない。
たぶん、周りの人は気づかないと思う。 
 
こうやって、側面にどこで作ったのとかを
書いておかなければいけないのかな~
 
そんなルールがあるのかは分からないけど、
あっても気になりません。
 
 
側面のボタンもちゃんと保護されていて、押しやすいです。
  
 
 
カメラを撮る時に、このボタンを押しても撮影ができるので、
よく使っているんですよね。
  

だから、ここを守ってくれるのは意外だったけど、
守られていてよかったと思います。 
 
 
本体の色を目立たせたい!持ちやすい!
スマホにケースをかぶせてきれいに使いたい! 
とにかくシンプルなものがいい。

 
Huawei P10 liteに、こういったことを望むのなら、
このスマホケースで満足できると思います。 
 
 
本体を買ったらなるべく早く、いいケースを買った方がいいですね。
そうした方がきれいな状態を保てます。
  
 
【Spigen】 Huawei P10 lite ケース・TPU超薄型・軽量
 
Huawei P10 liteを持ち歩くのが、ますます楽しくなりました。